太陽光発電のQ&A

ここでは色々な事柄において質問や疑問を解決していきます。あなたのあった質問内容や疑問があればその項目にいってください。 わからないとことは出来る限り解決・答えをだしておりますので、ご参照ください!!

「システムについて」
太陽光発電で、どれくらい発電できるのですか?
地域、周辺環境、住居の構造によって大きく発電量が変わります。ただ、昼間の長い季節であれば、消費電力以上の発電が可能になる場合がほとんどです。
太陽光発電は、曇りや雨の日でも発電ができますか?
発電量は落ちますが、夜間でなければ、曇りや雨の日でも発電は可能です。
メンテナンスは必要ですか?
交通量の多い場所に住んでいる方は、排気ガスなど油性の汚れが付着しやすいです。油性の汚れは、雨では流れ落ちないので、数年に1度のペースで業者に清掃をお願いする必要が出てきます。ただ、ほこりや砂などの汚れであれば、雨などで流れ落ちてくれます。
「設置場所について」
築年数がかなり経っている家にも、太陽光パネルは置けますか?
事前に調査が必要です。太陽光パネルは重たいので、その重量を住宅が支えられない可能性もあります。設置業者が現地調査をしてくれますが、家を建てた工務店にも相談してみるといいです。
周辺に高い建物があるのですが、発電は可能ですか?
周辺に高いビルなどがあり、日中に日陰になってしまう場合は、残念ながら発電量が落ちます。ただ、日陰でも発電は可能です。
反射などは大丈夫でしょうか?
屋根の南側に太陽光パネルを置く限りでは、問題はありません。光は空に向かって反射します。ただ、北側に置く場合は注意が必要です。設置業者との現地調査で、その辺りの問題はクリアにしておきましょう。近所とのトラブルに発展する恐れがあります。
「料金について」
太陽光発電は、導入費用がどれくらいですか?
メーカーや設置業者によって違うのですが、太陽光パネルの1キロワット(パネル6~7枚)あたり、48万円ちょっとというデータが、太陽光発電普及センターから発表されています。家庭用の太陽光パネルは3キロワットから4キロワット規模が多いので、150万円から200万円という金額が相場になります。
売電価格はいくらですか?
売電価格は定期的に見直されるので、一概には言えません。2014年2月25日現在で言えば、1キロワットあたり38円で電量会社から買い取ってもらえます。
売電の利益で、初期投資を回収できますか?
回収可能です。ただ、10年から20年は回収に時間が掛かります。
ローンで設置費用を支払えますか?
可能です。詳細は設置業者に質問してみてください。
「補助金について」
補助金はいくらくらいもらえるのですか?
太陽光パネルの規模や申請する自治体などにより、異なります。平均して1キロワット(パネル6~7枚)あたり1万5千円から2万円ほどになります。多くの家庭は3キロワットから4キロワットの太陽光パネル(18枚~28枚)を導入するので、補助金の総額は5万円から8万円前後になるかと思います。
補助金の申請方法は?
工事の前後に必要書類を提出します。工事中や電力受給開始後の写真も必要なので、忘れずに太陽光パネルの写真撮影を行なってください。指定した銀行口座に補助金が振り込まれます。